サークル規約

規約詳細

第1条 適用

  本規約は、株式会社アットリンクス(以下、乙と言う)と販売登録申請を行った個人・サークル・法人等の販売依頼者(以下、甲と言う)間で、乙が運用するサイト「DiGiket.com」上で提供するコンテンツダウンロードサービスにおいて、甲が著作権を保持するコンテンツの委託販売および、販売代金の決済に係わる全ての関係について適用する。
 1.本規約は、甲がサークル登録申請(DiGiket.comへのサークル登録申し込み)を行った時点から有効になり、登録コンテンツがDiGiket.comのサイトに公開されている期間に係わらず、サークルの脱退まで有効とする。
 2.本規約の変更は、甲にメールまたは、サイト上で通知することにより随時できるものとする。変更後の規約の適用開始時期は、本サイト上に掲示されたときから直ちに効力が生ずるものとする。


第2条 使用権の許諾

 甲は、乙に対し以下の権利譲渡不能の使用権許諾を行うものとする。
 1.乙は、コンテンツをDiGiket.com上に登録し、インターネットを通して利用者に販売頒布(委託販売)することができる。
 2.乙は、コンテンツの内容の一部を、コンテンツの宣伝を目的にDiGiket.comの出版物・広告物に複製して使用することができる。


第3条 サークルへの登録申請

 甲のサークルへの登録申請は、本サイト上のサークル登録より行います。乙は甲のサークル登録申請を基に審査を行い、甲にDiGiket.comサークル登録証とサークルID、パスワードを郵送すると共に、サークルIDとパスワードをメールで返信します。


第4条 コンテンツの納入

 甲から乙へのコンテンツの納入は、サークル登録承認後のサークルIDとパスワードを用い、以下のいずれかの方法で行う。
 1.本サイト上の作品登録より乙指定のデータにアーカイブし送信する。
 2.乙指定のデータにアーカイブ後メールへ添付の上、乙の指定のメールアドレスへ送信する。
 3.乙指定のデータにアーカイブし、MOもしくはCD-R、DVD-R等へ記録し、乙指定の住所へ送付する。(メディアの返却なし)
 4.同人誌を乙指定の住所へ送付する。(同人誌の返却なし)



第5条 コンテンツのDRM(デジタル著作権管理)について

 1.作品出品時に甲が希望すれば、乙の対応しているDRM加工を乙がコンテンツに施して、乙が販売するものとする。
 2.DRM加工にかかる費用はWeb掲載に従い、販売時の乙の手数料に加算して徴収する。
 3.DRMは安易なコピーを防ぐ手段として提供され、完全なコピー防止を保証するものではないものとする。
 4.販売中の作品は途中でDRMを施すことはないものとする。


第6条 提供コンテンツのサポート

 1.本サイト上で販売した甲のコンテンツは、コンテンツの不良、お客様固有の環境による不具合については、甲の責任においてサポートを行うものとする。
 2.乙はお客様からサポート窓口を求められた場合に甲のサイトURLを開示します。なお、サイトURLが未登録の場合に甲のサポート用のメールアドレスを開示できるものとする。
 3.甲がサポート不要と認めた場合、作品登録時にサポートを行わない旨の記述を作品説明文に記載することとし、乙は作品の動作等に関する一切の責任を負わないものとする。


第7条 販売の停止

 乙は、甲のコンテンツが以下の項目に該当すると判断した場合は、甲への事前通知することなく、コンテンツの販売を停止することができる。
 1.公序良俗に反する場合。
 2.明らかに条例、法令に違反している場合。
 3.乙が不適切と判断した場合。
 4.その他本規約の定めに違反していることが判明した場合。


第8条 税引き価格と販売手数料

 税引き価格は、甲の希望価格を元に乙が決定します。税引き価格は、出荷価格に販売手数料を加算するものとする。 
 販売時の出荷価格はWeb掲載の一覧に準ずる。
 消費税は、出荷価格に含めます。また、販売価格は上記の税引き価格に消費税を加えたものとする。
 

第9条 決済の方法
 
 1.乙は、販売月の翌月末日締めで回収されたコンテンツの出荷価格を集計し、翌月(販売月の翌々月)の15日までに甲の指定する金融機関へ振込むものとする。振込手数料は乙が負担する。
 ただし、回収金額が5,000円に満たない場合は、5,000円を超えるまで翌月支払日まで順次繰り越すものとする。
 2.乙指定の申請方法に基づき、甲が申請を行えば、5000円未満でも振り込みが可能である。このときの振込手数料は甲が負担する。


第10条 源泉徴収
 
 甲への支払い時において、源泉徴収を行うものとします。源泉徴収額は1回のお支払いにつき100万円以下に対して10.21%、100万円を超える部分について20.42%を預かり、所定期日内に税務署へ納付します。なお、法人については適用外とする。


第11条 サービスの中断

 1.乙は、本システムの保守点検・更新、火災・停電・天災、決済システムを含むシステム障害、通信回線の中断および、システム更改・移転等の事由によりサービスを一時的に中断することがある。
 2.乙は、前項に定めるサービスの一時的中断により、甲または、第三者に損害が発生してもこれを賠償する責務を負わないものとする。


第12条 サービスの内容変更と停止

 1.乙は、本サービスの内容を随時変更することができるものとする。この場合、サービス内容の変更により甲に不利益が生じても乙はその責務を負わないものとする。
 2.乙は、甲に1ヶ月前までに通知することにより、本サービスを終了することが出来るものとする。この場合、サービス終了により、甲に不利益が生じても乙はその責務を負わないものとする。


第13条 提供コンテンツ頒布の停止

 甲が提供するコンテンツの頒布を停止する場合は、甲は停止希望日の1ヶ月前までに所定の形式(メール)にて乙に申請するものとする。甲の申請が遅れた場合、停止日を延伸することがある。


第14条 サークルの脱退

 甲がサークルを脱退する場合は、脱退希望日の1ヶ月前までに所定の形式(メール)にて乙に申請するものとする。甲の申請が遅れた場合、脱退日を延伸することがある。


第15条 秘密保持

 1.甲は、本サービスに関連して知り得た乙および、第三者の情報を秘密情報として認識し、第三者に開示および、漏洩しないものとする。
 2.前項の規定は、本サービスの終了後も効力を有するものとする。


第16条 免責

 1.甲は、DiGiket.comに登録しようとするコンテンツにつき、著作権、隣接権、肖像権、工業権、その他各種権利を侵害する恐れのないものであることを保証するものとする。
 2.甲は、DiGiket.comに登録しようとするコンテンツに第三者が権利を保有するデータが含まれていたことが発覚した場合および、公序良俗違反の警告、訴訟の提起などがあった場合、甲は当該当事者双方で解決することとし、乙には一切の責任はないものとする。


第17条 損害賠償

 1.乙は、本サービスの利用、あるいは利用出来ないことにより発生した甲の損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償をする義務はないものとする。
 2.甲は、コンテンツに関して、サービス利用者あるいは第三者と紛争が発生した場合、自己の費用と責任をもってこれを解決するものとし、乙及びサービス利用者に一切迷惑を掛けないものとする。
 3.前項の規定にもかかわらず乙が紛争に巻き込まれ、乙に損害が発生した場合、甲は乙に対して損害を賠償するものとする。

第18条 合意管轄および準拠法

 甲と乙の間で訴訟の必要が生じた場合、日本国の法律を準拠法とし、乙の本社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とするものとする。

【改定】
2007年7月30日:第1条、第7条を一部変更。
2008年3月11日:源泉徴収に関する規約を第9条として追加。
2015年9月12日:ソフトウェアの名称をコンテンツへ、LZH圧縮をアーカイブへ変更。源泉徴収の率について地域復興税相当率を入れた値へ訂正。そのほか、既に提供中のサービス関連について追記。